AGA応援情報

男性ホルモンの正しい抑制方法は?

AGA応援情報メイン画像

男性ホルモンを正しく抑制するには、ストレスや自律神経の働きが大事なのです。

男性ホルモンの正しい抑制方法は?

男性型脱毛症というのは、男性ホルモンが深く関係しているといわれています。

ということは単純に男性ホルモンを抑えることが出来るのならば、男性型脱毛症も抑えることが出来るのではないでしょうか。

ただし男性ホルモンというのは、一律に誰もが同じ量分泌されているわけではありません。

個々によって男性ホルモンの分泌量というのは、違っているのです。

しかも男性ホルモンというのは、ストレスを感じることがあれば大量に分泌されますし、ストレスをさほど感じない場合には男性ホルモンの分泌も抑えられるのです。

そしてこの男性ホルモンをいかに分泌させないで済むのかで、5α-DHTに関しても生成を抑えることが出来て、結果的に男性型脱毛症というのは発生させないで済むことが出来るのです。

ということは遺伝だ食生活だとあきらめてしまう前に、ストレスをなんとかすれば5α-DHTも抑えることが出来ます。

ではストレスをなるべく感じない生活を送るには、どのようにすればいいのかというと、規則正しい食生活と規則正しい生活を送ることができれば、ストレスに悩まされるということは極力減らすことが出来るのではないでしょうか。

さらにホルモンというのは、視床下部という脳の場所で分泌され、その命令のカギを自律神経が握っています。

自律神経乱すと途端にホルモンバランスは崩れます。

この自律神経をいかに乱さないようにするかということも、脱毛症とは深い関係性というのがあるのです。

脱毛症の深い関係性AGA(男性型脱毛症)治療|大阪市梅田のAGA治療専門病院 脇坂クリニック大阪

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright AGA応援情報>